2ウィークビューティーで目の健康も意識する

2ウィークビューティーの話しの前に、耳が痛いかもしれませんが、先に目のことで知っておきたいことを書いておきます。

おしゃれやファッション感覚としてのカラーコンタクトの利用者は増えています。
しかし、その反面トラブルも多く発生しています。

まず、第1の要因は酸素透過性が非常に低いことです。
角膜は血管がなくて、酸素を利用して活動している細胞です。
よって角膜に十分の酸素がいきわたらなければ、角膜に傷がついたり感染症を起こしたりします。
また、角膜が腫れて見え方が悪くなったりして、充血が慢性化します。
充血とは血管の拡張であり、その状態が長く続くと血管は開いたままになって充血は治らなくなります。
とても恐ろしいことです。

2つ目の要因はカラコンの色落ちが原因です。まばたきをしていると色のついている部分は眼球にあたり、それを繰り返しているうちに色落ちすることが考えられます。
まばたきは一日に何千回、何万回とします。
これだけ多くのまばたきをすれば色素が落ちる可能性は否めません。
その色素はチタンやアルミニウムといった固い金属でできており、それがデリケートな眼に当たると大きな障害がどうしても起こります。
3つ目の要因は、医師の診察を受けずにインターネットで購入することです。
カラコンといえども、高度管理医療機器であるコンタクトレンズです。
医師の診察を受けて目の形にあうレンズを使用しないと、大きなトラブルをひきおこします。

自己流だと形が左右で違うレンズを知らない間に使っていることもあり、カーブがきつくて違和感を感じることがあります。
目は特にデリケートなので、そのような事態に陥ると勉強や仕事、その他日常生活において集中力を欠きます。
最悪、視力が落ちたり失明という事態にも陥ります。
たとえ診察料やコンタクトショップに行く手間を惜しまずに、必ず眼科の診察を受けて目に合うレンズを処方してもらい、そのあとに目の状態を定期的に検査してもらうことが大切です。
調子がいいからといって決して検査を怠らないことです。
特に品質が落ちるレンズなので余計に慎重に注意深く取り扱う必要があります。
せっかく授けられた目なので自ら傷つけることなく、大切にしたいものです。

別に脅かすわけではないのですが、知っておいて損はないことですからね。カラコン2ウィークビューティーは1ヶ月使用とかに比べると使用期間が短い分、汚れや傷による目の負担は少ないでしょう。それにワンデーよりコスパいいし。
2weekカラコンってあまり目立たない存在な気がしますが、みなさんはどう思いますか?

カラコンのデカ目になれるキャンディチョコ

カラコンのデカ目になれるキャンディチョコはレンズ直径14.5mmあるから盛れるしフチ無しブラウン1色だからメイクにも合わせやすいと思うよ。
私の中では今のところ、この「キャンディチョコ」が思い浮かぶんだけど、みんなはどうかな?
DIA14.5mmで着色直径は潰さない状態で13.9mm、潰した状態で15.2mmあるから結構大きめで盛れるよね。
でもフチなしで、ブラウン1色という着色が逆に珍しいかも。
だから、自然に黒目を大きくしたいときにはもってこいだね。
焦げ茶の発色がキュートに仕上げてくれるかも。

1年使用なのに、安いときは3,000円以下で買えちゃうんだもの。送料かかるけど、それでもコスパいいよね。
キャンディチョコの14.5mmというのは元々の目の大きさによって、小さく感じたり大きすぎると感じたりするかもしれません。
デカいのに自然なのを探してるならちょうどいいのではないでしょうか。
着け心地については使用者によって変わるので何とも言えませんが、口コミを見てる限り評判はいいほうではないでしょうか。カラコン2weekでこのビッグサイズはなかなかないだろうけど、みんカラあたりならありそうだな。16mmくらいになるとマックス限界かな。マックスで自分目線でいいから突き詰めたいな。